「家を売る」といっても、何から始めればよいのでしょうか?家、不動産は、不動産会社に仲介を依頼して、買主を探す方法が主流です。また、家を売りに出して、どのくらいの期間で売れるかというのは、一般的に3~6ヶ月と言われています。

当然ですが、買い手がいなければ、お金は入ってきません。長期間かかることを、考慮した上で計画的に進めていきましょう。そして、高く売るために、出来る事をやってみましょう。

ここを間違うとヤバい!不動産会社の選び方

まず最初にやることは、不動産会社と媒介契約を結ぶことです。売買の仲介を依頼しなければ、始まりません。どの不動産会社を選ぶかで、売却価格や、販売期間が変わってきます。売却が成立するまで、お付き合いが必要ですし、家という大きな資産を預けるわけですから、信頼のおける不動産会社を選ぶことが大切です。

家を売るには、自分の家・土地の値段がいくらなのかを、調べる必要があります。そこで、不動産会社に査定を依頼しましょう。インターネットで、不動産の一括査定サイトを利用する方法もあります。さらに、近隣の中古住宅・新築住宅・土地の値段などを調べて、おおよその相場を把握しておくことも重要です。

不動産会社によっても、得意分野が異なります。取り扱っているのが、賃貸が多いのか、売買が多いのか、マンションを売るのが得意、一戸建を売るのが得意など。売りたい物件が、得意な会社に依頼することで、早く高く売れる可能性が高まります。

ポイントは、必ず複数の不動産会社に相談をして、傾向をつかむことです。査定額も比較をし、納得いく会社を選びましょう。さらに「不動産会社に、家を買ってもらう」という方法があります。買い取りは、すぐに現金がもらえる、というメリットがあります。

ただ仲介より値段が安くなってしまいます。時間があれば、仲介を選ぶほうが高く売れます。しかし、長期間売れなかったら、困る場合もありますよね。その場合は、最初は「仲介」で依頼しておき、売れない時は「買い取り」にしてもらう方法があります。

仲介と買い取り、両方の扱いがある会社を選ぶと良いでしょう。

「家を売ることを考えたらまず相談からスタート」

これだけはいる、最低限必要な経費

家を売るには、諸経費がかかります。売った金額を、そのまま手にすることは出来ません。仲介手数料や、登記や住宅ローンの手続きの費用、譲渡所得税など各種税金、さらに引っ越し費用なども必要です。事前に準備が必要です。

また、家が買った時よりも、高く売れた場合、税金がかかります。条件に当てはまれば、軽減措置が受けられます。逆に買った時よりも安く売れた場合、4年間に渡って税金が戻ってくる制度、「譲渡損失の繰越控除制度」というものがあります。

このような情報は、不動産会社から教えてもらえますが、自分で調べて確認をしたほうがいいでしょう。中には、申告が必要なものがあります。

スムーズに進めるために、書類を用意しておきましょう

様々な書類を、用意する必要があります。買い主に、物件の詳細事項を伝えるためです。円滑に売買を進めるために、必要な書類を確認しておきましょう。まず最初にいるのは、不動産会社に依頼する時に必要な書類です。登記簿膳本または、登記事項証明書(土地と建物)・購入時の売買契約書・物件を購入した時の重要事項証明書・土地の測量図、境界確認書・物件の図面、設備の仕様書・登記済利害、もしくは登記識別情報・固定資産税納税通知書、または固定資産税評価証明書・建築設計図面、工事記録書。

さらにマンションなら、マンション管理規約。あれば、耐震診断書、アスベスト使用調査報告書。これらをもとに、不動産会社が売るための資料や、広告を作成します。そして、買い主に引き渡すときに必要な書類があります。

本人確認書類・実印、印鑑証明書・住民票・銀行口座(振込先の情報)・ローン残高証明、もしくはローン返済予定表。物件の所有者が複数いる場合は、印鑑と本人確認書類が、人数分必要となりますので注意しましょう。

もっと高く売るには?家主に出来る工夫

交通の便が良かったり、日当たりが良いなど、条件次第で高く売れる家もあります。ですが条件にかかわらず、より高く売るために、自分で出来ることはないのでしょうか?不動産会社と契約したら、続いて買い手を探すことになります。

そして「内覧」が始まります。興味を持った方が、見学をするのですが、早く売る、高く売るためには、家主の努力も必要です。家主が出来る工夫とは、「買い手に物件をよりよく見せること」です。できる限り、片付け、掃除をしておきましょう。

どんなに、立地や間取りが良くても、部屋が汚ければ、マイナスイメージしか残りません。部屋のにおいもチェックしましょう。事前に換気をしておく、風呂やトイレなど水回りを清潔にしておく、花を飾ってみるなど、少しのことでも印象は変わります。

物件によっては、ハウスクリーニングを専門業者に、頼んだほうが良い場合もあります。または、リフォームして、追加価値を上げてから売るほうが、良いこともあります。不動産会社に相談してみましょう。さらに、ホームステージングという選択肢もあります。

ホームステージングとは、家具などインテリアをコーディネートして、モデルルームのように部屋を演出する方法です。早く売りたい場合はおすすめです。

家を売るために必要なのは、実は交渉力!?

少しでも高く家を売るためには、買い手に「押し売りしない」ことです。家の良いところをアピールしたほうが、売れそうに思えますが、実は悪手です。「そんなにいい家なのに、何故売るのか?」と買主に不信感を抱かせることに。

聞かれてないことまで、話すのはご注意を。けれど、質問には丁寧に答えましょう。物件だけでなく、家主にも好感を持ってもらえれば、契約が成立しやすくなるでしょう。さらに、買主、または不動産会社から、家の販売価格の値下げを、要求されることがあるかも知れません。

どこまで交渉に応じるか、考えておきましょう。大きな資産を売却するのですから、損をするのは避けたいところです。また、不動産会社の仲介料は、交渉で変えられることもあります。きちんと、話し合いをすることが大切です。

いずれにせよ、家を売るには、信頼できる不動産会社を選びましょう。